東京の水道水は危険?飲める?

f39ba39ed1b67b5b53f075f7057ab3f6_s

 

就職や進学で地方から東京に出たときに水の味が違うことに驚いた、なんて話は聞いたことがありませんか?

最近では水を購入する人も増えましたが、それでもお料理の際には水道水を使用している人がたくさんいます。

数年前までは放射性物質が混じっているかもしれないから水道水は危険だとも言われていた時期がありました。

そこで、現在の東京の水道水は危険なのかどうなのか、ちょっと調べてみる事にしました。

 

スポンサーリンク

都会の水道水は危険?

2011年3月11日、東北で起こった大震災により放射性物質が漏れ出してしまった福島第一原子力発電所。

あの大地震から2015年12月現在ですでに4年が経過しました。

放射能漏れが取り沙汰されていたころ、ニュースで東京都の水道水からヨウ素131やセシウム137が検出されたことから『東京の水も汚染されて危険だ』と一時騒然となりました。

2015年12月現在はどうなっているのかを調べようと東京都水道局のホームページで放射性物質の測定結果を見てみたところ、現在は水道水から放射性物質は検出されていないようです。

放射性物質の測定は1日に1度行われているようで、これまでの記録が毎日つけられています。

危険だと言われていた東京都の水道水ですが、安心して使用することができそうですね。

 

スポンサーリンク

水道水がおいしい県、まずい県

水道水がおいしい県とまずい県はそれぞれどこだか、気になりますよね。

『水を考えるプロジェクト』では全国47都道府県の10代~60代の男女4,700人にアンケートをとり、住んでいる地域の水道水のおいしさなどを調べました。

そのアンケートの結果、トータルで1位を取ったのが熊本県です。

熊本県は地下からくみ上げている水を水道水として供給してます。

『蛇口からミネラルウォーターが出る』と言われるほど水道水のおいしさに定評があり、熊本県民の誇りでもあるようです。

 

第2位は埼玉県、続いて第3位は山梨県で、そのあとは福岡県・徳島県と続いています。

逆に住んでいる地域の水をおいしいと感じられないと答えたところは意外なことに1位が福岡県と沖縄県、そして2位が千葉県3位が埼玉県、続いて大阪府という結果が出ていました。

トータルで上位に入っている福岡県が水道水に対して『おいしくない』という意見が多かったのは意外…。

 

ちなみに、放射性物質の影響から危険だと言われていた東京都の水道水は『おいしいと思う水ランキング』で38位でした。

昔から同じ地域で生活をしていて水道水の味に慣れていれば、『まずい』と感じることはあまりないかもしれませんね。

もしかすると他県から移り住んでいる人が多い地域ほど、都会に出たときに『まずい』と感じるのかも…なんて思っちゃいました。

 

 

まとめ

東京都の水道水についてや、都道府県別に見たおいしい水ランキングの結果をご紹介しましたが、いかがでしたか?

熊本県の水道水が地下水だということにまずビックリしてしまいました。日常的に使う水道水が地下水だなんて、いいですね。なかなかの贅沢だと思います。

ランキングの結果は『水を考えるプロジェクト』のホームページで見ることができるので、気になったら一度見てみると良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ