女性の一人暮らし、1階は危険?防犯グッズや対策は?

22c5db69c2afd3baa6f86d911324388c_s

 

女性の一人暮らしは危険!とよく言われますよね。

1階はやめておいたほうがよい、と言った声もよく耳にします。

それはなぜなのか?おすすめ防犯グッズや対策など、解決方法をご紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

女性の一人暮らしで1階は危険?

まず、女性の一人暮らしで1階は危険だと言われているのは、「侵入されやすい」「洗濯物などの理由からです。

 

  • すぐに侵入できてしまう

泥棒がまず目をつけるのが1階です。また、すぐ逃げやすいので女子大生が住んでいるとなると、高い確率で狙われてしまいます。

その部屋の住人が女性だと知ると性犯罪の危険も及び、とても危険です。

 

  • ベランダに下着が干せない

そこに住む人がどんな人なのかが一目瞭然でわかるのがベランダに干した洗濯物。

1階に干すと下着泥棒に、取ってくださいといっているようなものですね。

ベランダにしっかり仕切りがあったり、あまり人目につかない場所でない限り、とても危険です。

 

このように、ベランダに仕切りがないとかなり不安です。

仕切りがしっかりとあるなら良いのですが、それでも変質者に「ここは女子が一人暮らし」だと丸わかりなのは危険ですよね。

 

 

1階に住むなら対策は?

それでは女子が1階に住む場合には、どのように対策をすれば良いのでしょうか。

以下、よく推薦されている対策です。

 

  • 対策その1 戸締りは徹底する

ドアを開けっ放しなんてことは絶対にやめておきましょう!

家に数分だけ戻ってきた、といったときであっても、鍵は必ずかけておいたほうが良さそうです。ほんの気の緩みで、知らない人が入ってきてしまうといったケースもあります。気をつけましょう。

また、寝るときには確実に窓も締めましょう。1階ですからその気になれば侵入は容易です。

 

 

  • 対策その2 インターホンが鳴ってもすぐには出ない

一人暮らしで、一番危険なのが突然の訪問者。一人暮らしをはじめると同時に、NHK受診料を払ってくださいとか、宗教のお誘いがきたりします。

なので、基本インターホンが鳴っても、出ない。

出るのは、誰かがくる予定のあるとき。例えば、運送会社から荷物が届くときや、友人や親が遊びに来るとき。あとは出る必要がないですが、出てしまったときは、チェーンはかけておくと良いですね。

 

 

  • 対策その3 男物の衣服を洗濯に混ぜる

いかにも怖い男の人が住んでいる雰囲気のある衣類をかけておくと、より一層効果絶大です。

女性っぽい洋服は中に干して、男女ともに使えそうなもの、例えばタオルなど(かわいいものは注意です!)シンプルなものは干しても構わないでしょう。

本気で対策したいのなら、男性用の下着やシャツを干すのもアリですよね。

 

 

おすすめ防犯グッズは?

次は防犯グッズ。対策と同じくらい重要ですよ。

 

  • おすすめ防犯グッズ① 玄関用補助錠

少し値段はしてしまいますが、鍵が1つしかついていない場合は、補助でもうひとつ鍵をつけておくとよいでしょう。

女性でも簡単に取り付けることができるので、お勧めです。

 

 

  • おすすめ防犯グッズ② 窓用補助錠

窓にも鍵をつけましょう!ここで注意してほしいのが、必ず上につける!下につけてしまうと、泥棒がカギを外している間、外からはなにも見えません。

上に付けてしまえば、その間、ベランダから丸見えなので、泥棒も人目につくことをなるべく避けるので、効果的です。

 

 

  • おすすめ防犯グッズ③ 防犯ブザー

泥棒などに遭遇してしまった場合というのは、意外にも怖くなって声が出ないです。

そういうとき味方となってくれるのが、防犯ブザーです。近所に危険を知らせてくれるほか、泥棒がびっくりしてでていってくれます。

 

 

  • おすすめ防犯グッズ④ センサーライト

泥棒は、人目につくことをとにかく恐れますから、ないよりは、あった方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

メリットはないの?

それでは女性が1階に住むのは、デメリットばかりで1階に住むメリットはないのでしょうか。

実は最近では「1階の方がいい」という女子も増えているんですね。理由はやっぱり楽だから。

忘れ物をした!と部屋に戻ろうとした時に、2階3階だとめんどくさいんですよね。また、重たい荷物なども1階のほうが楽。すぐに入れる事が出来ますから。

そこら辺は捨てがたいメリットなので、防犯対策ができているのであれば、1階は案外おすすめされています。

 

 

まとめ

女性の一人暮らしはなにかと気をつけなければならないことがたくさんありますよね。

今回、対策と防犯グッズをご紹介しましたが、1階に住むメリットとデメリットを踏まえて、よく考えて決めていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ