男のインテリアのコツ!実例部屋まとめサイト5選!

75bfed05838f8f4541cf89c2e57e6e7c_s

 

男性で一人暮らしをするなら、自分好みの部屋に仕上げたいと思う人も多いのではないでしょうか。

でも、どうすれば自分の思い描いているようなインテリアにできるのか分からないという場合もあるようです。

そこで、ここでは男性の一人暮らしの、インテリアの実例やコツについて紹介していきますよ。

 

スポンサーリンク

1 イケてる実例!まとめサイト5選!

一人暮らしの男性でもおしゃれな部屋にしたいと思いますよね。でもどんな感じにすれば良いのかちょっとわからない…。

そこで、男性の1人暮らし部屋のインテリアの実例をまとめているサイトをいくつか探してきましたよ。

そのまんまマネしたり、似せたりすれば、かなりイケてるメンズに仕上がりますよ!

 

  • 6畳~8畳(1K)でもオシャレに魅せる!一人暮らしインテリア実例集
    http://mnky.jp/23393

 

ワンルームという広さを有効に使いたいならロフトベッドがおすすめ。こちら実例写真でも良く使われていますね。

1323309215

出典: www.naturalrooms.com

 

写真のとおり、ベッド下に大きく開いた空間をいろいろと有効活用できます。収納として、デスクスペースとして、ソファースペースとして、AV機器を置く場所としてなど、工夫次第ですね。

ロフトベッドは部屋の上下に渡って空間を使用するので、6畳~7畳くらいの部屋でも置くことができます。ただ、高さはしっかり確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

2 男性の部屋のインテリアのポイントは?1Kワンルームの場合

男性のワンルームにぴったりなインテリアで、おしゃれにするポイントをご紹介しましょう。とりあえず「1,2,3,」は絶対ですよ!

 

  1. 趣味を活かす!
  2. 部屋を広くみせる!
  3. 統一感をもたせる!
  4. 照明をかっこつける!
  5. カーテン、布団カバーは無地!
  6. 観葉植物を置く
  7. 明るい色を取り入れる

 

1つずつ解説していきましょう。

 

 

1,趣味を活かす

もし趣味を持っているならそれらを表に出してレイアウトをするととってもおしゃれなインテリアになります。

例えば、サーフボードだったりギターだったり、集めているフィギュアだったり、好きなアーティストのポスターを額に入れて床に直置きという手もありますよ。

 

ただ、アニメオタク全開のフィギュアやポスターはちょっと注意。もし彼女がそれらが趣味だと知っているならば問題はないのでしょうけど、一応ドン引き要素の一つなのですね。

自分のキャラをちょっと見つめなおしてみましょう。「ちょっと引かれるかな…。」とか思ったのなら、スマートに隠しておくとかの工夫が必要ですよ。

 

こちらの記事でも紹介でも、ドン引き要素として紹介されています。

>>>マジ無理!彼氏の部屋でありえないモノ7つ

 

 

2,部屋を広くみせる!

もし6畳ほどの広さのワンルームの場合にはベッドやAVボードなどを置くと部屋が狭くなってしまいがちです。

背の高い家具は圧迫感が出て部屋が狭く見えるので、低めのものを選ぶと部屋を広く見せることができます。

6畳の部屋をうまく活用するために、収納とAVボードの役割を1つにしてしまうのも良いでしょう。

ソファーベッドを使えば座る場所としてもベッドとしても活用できるので6畳の部屋の広さにもおすすめですよ。

 

 

3,統一感をもたせる!

インテリアの配色によってもおしゃれ感が全く変わってきます。

注意をしたいのは、いろいろな色を取り入れ過ぎないこと。

壁が白であれば白を基調とした配色にするとすっきりと統一感が出て失敗することはほとんどありません。

もしいろいろな色を取り入れたいなら、多くても3色にとどめておくのがコツです。

それ以上の配色をすると騒がしい雰囲気のインテリアになります。

 

 

4,照明をかっこつける

大体のレイアウトを掴めたら、照明に目を向けましょう。

おしゃれ感を出したいなら間接照明がおすすめです。

ベッドが低いなら低めの間接照明でも大丈夫ですし、部屋でゆっくりと過ごす時間を大切にしたいなら縦型の間接照明が良いでしょう。

スポットライト型の照明も男性感が出てとってもおしゃれになりますよ。

間接照明を複数使って部屋全体を照らすと柔かな雰囲気を演出することもできます。

 

 

5,カーテン、布団カバーは無地!

カーテンや布団カバーなどは面積が広いので目がいきやすい部分です。

そこに柄物を使うとおしゃれ感から離れてしまうことも…。

カーテンは無地1色にして、布団カバーも一色使いやストライプ等に留めておくのがベストです。

チェック柄などにすると一人暮らしというより「実家の自分の部屋」感が満載になるので、シンプル感を押し出してみましょう。

 

 

6,観葉植物を置く

大きめの観葉植物もインテリアをおしゃれに見せてくれるので窓際やテレビの横などにレイアウトすると自然と視界に入るので良いですよ。

観葉植物がポンッと置いてあるだけで、余裕がある人だと思われます。もし彼女を部屋に招く時なんかも、自然なかっこよさがでますよ!

 

 

7,明るい色を取り入れる

6畳の部屋を広く見せたいなら、明るい色がおすすめです。

白を基調にして部分的に黒や青を取り入れると男性的ながらもおしゃれなインテリアになります。

男性というとどうしても黒が多くなりがちですが、黒は圧迫感が出て部屋を狭く見せてしまうので広く見せたいなら注意しましょう。

家具の素材も統一するのも大切です。

例えばメタリックの棚と木で出来た棚を一緒に置くとチグハグなインテリアになるので家具を揃えるときには素材を合わせると良いでしょう。

 

 

本はシンプルに、そして清潔にですね。汚かったりごちゃごちゃしてるとモテませんから!(・∀・)

こちらの記事で「ドン引き体験談」をまとめていますので、自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

>>>マジ無理!彼氏の部屋でありえないモノ7つ

 

 

まとめ

一人暮らしを始めた頃は新しい環境になれるのが先でインテリアにまで気が回らないかもしれませんが、慣れてくるときっと心に余裕が出てくるはず。

『部屋の模様替えをしようかな…』なんて思った時が取りかかるチャンス。素敵なインテリアで充実した一人暮らしを満喫してくださいね。

 

スポンサーリンク

One Response to “男のインテリアのコツ!実例部屋まとめサイト5選!”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ