一人暮らしの費用、社会人の生活費って平均どれくらい?

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s

 

一人暮らしを考えているなら、一か月分の費用がいくらくらいになるのかを考える必要があります。

社会人の場合には仕事のあとに自炊できるかどうかによっても生活費が変わってきます。そこで、社会人の一人暮らしに関するお金の疑問を探ってみました。

 

スポンサーリンク

電気、ガス、水道など、光熱費の月平均は?

生活するうえで欠かせないライフラインである電気・ガス・水道。

これらをまとめて光熱費と呼んでいますが、一人暮らしの場合、光熱費は一カ月で平均いくらくらいかかるのでしょうか。

大学生の場合と社会人の場合を比較してご紹介してきましょう。

 

まず大学生の光熱費の月平均は大体1万円ほどのようです。

内訳としては、電気代が約4,000円、ガス代が約3,000円、水道代が平均2,500円となっています。電気代に関しては夏場はどうしても冷房を使うため、電気代が1,000円~2,000円ほどあがってしまうようです。

熱中症予防のためにも、これは削れない必要経費だと思っておいた方が良いかもしれませんね。

 

さて、続いて社会人の場合の光熱費の月平均はいくらくらいになるのでしょうか。

調べてみると、社会人も同じく月平均1万円くらいのようです。内訳も大学生の月平均光熱費とほぼ同じでした。

ただ、ガスはプロパンガスなのか都市ガスなのかという違いによって料金が変わり、水道代に関しても自治体によって金額が違うため、あくまで参考程度にしておいたほうが良いでしょう。

 

 

その他、生活費でかかるもの?

一人暮らしをしていくうえで光熱費以外に必要な生活費には家賃や食費や通信費、日用品などの生活費があります。

生活費の中でも大部分を占める家賃に関しては大学生、社会人ともに大体6万円~6万5千円くらいが平均のようです。

地域によってはもっと安い家賃で借りることもできるので、生活費をもっと低く抑えたいと思うなら都心部より離れた場所で見つけるというのも良いかもしれませんね。

部屋を借りるためには敷金・礼金などの初期費用が必要になりますが、なかにはそういった初期費用がいらない物件もあるようです。

たくさんの情報を集めて精査すると良いでしょう。

 

食費に関してはこちらも大学生・社会人共に2万5千円~3万円あたりが相場のようです。

これは上手に自炊をしながらの食費なので、うまくやりくりをする必要があります。

一人暮らしならスーパーのお弁当を買ったほうが以外と安上がりなんてこともあり得るので、月の食費額を決めてその中で生活することが大切です。

 

通信費にはPCの回線や携帯代が含まれています。

とはいえ、携帯を使ってネットを楽しむことは十分に可能なので、プロバイダ契約が本当に必要なのかは吟味することをおススメします。

ちなみに通信費の平均は大体1万円くらいでした。

 

日用品には毎日使う食器用洗剤や洗濯洗剤、シャンプー等が含まれていて、月平均で大体5千円くらいのようです。

ないと困るものが多い日用品ですから、生活費の中で必ず確保しておくことが大切です。

だって、想像してみてください。お金がもうほとんどない…けど、トイレットペーパーももうない!!という状況。その重要性がきっと伝わるハズ。

 

スポンサーリンク

女性は特に必要なもの?

大学生、社会人どちらの女性にとっても特に必要なものと言えばおしゃれ費ではないでしょうか。

化粧品や洋服代などが該当しますが、『お金が入るとついつい買い物に出かけて洋服を買ってしまい、月末がキツイことに…』なんて女性も多いはず。

…、でもしょうがないっ!!だって、女性ですものっ!!!

おしゃれもしたいし、お化粧だってちゃんとして素敵な男性と出会って素敵な恋がしたい!!という気持ちは女性みんなが持っていて当然の気持ちです。

 

ちなみに、おしゃれ費の月平均額は約2万円とちょっとお高め。

特に社会人となれば、身なりに気を付けるのも仕事の一つなのでこれはしょうがないと言えるかもしれません。

決められた額内でおしゃれを楽しむのはとても良いことだと思います。

 

ただし、洋服が溜まってきたら整理することも忘れてはいけません。

リサイクルショップなどで買い取ってもらって少しでもおしゃれ費用の足しにするなどの工夫も必要ですよ。

 

 

まとめ

一人暮らしに必要な生活費について平均的な金額を調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。

一人暮らしは以外とお金がかかるものです。

お金の管理に自身がない、なんて人はルールを決めておくと良いかも。

例えば、コンビニには行かないとか週に3回は自炊するなど自分がストレスに感じない程度のルールを定めることで、無駄な出費を減らすことができます。

楽しい一人暮らしを満喫して下さいね!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ